加賀百万石


『青春18きっぷ』の時期になると必ずプチ旅行に出かけます。
今までに行った場所は、東京、水戸、長野、名古屋、高山、滋賀、三重・・・・などなど。
今年で4年目になり最初は日帰り旅行でしたが、最近は行きか帰りのどちらかに
『18きっぷ』を利用して、一泊または二泊の旅行を満喫します。
で、今年の夏は以前から行きたかった『金沢』に決め、週末を利用して行ってきました。

いつも一緒に行くのはアメリカ人のお友達。
日本語があまり・・の彼女は私を旅のお供&ガイドとして、そして彼女は私にとって
旅のお供&英会話の先生になります。^^v (スーパープライベートレッスン!)

今回は帰りに『18きっぷ』を使うため、朝8時ごろに静岡を立ち、新幹線で名古屋まで。
名古屋駅で友達と合流してしらさぎ5号で金沢まで。到着は午後の1時頃でした。
金沢駅に到着して、観光案内所で色々と資料をもらい、バスに乗ろうと東口を出ると
天井一面ガラス張り! 駅を出た瞬間から楽しい事がありそうな予感がしました。♪

c0084506_15471381.jpg


バスに乗り、宿泊先のホテルへ行き、荷物だけ置かせてもらって楽しみにしていた
『妙立寺(みょうりゅうじ)』通称『忍者寺』へ。
忍者とはまったく関係ないお寺なのに寺院内部の至るところにある数々のカラクリから
この通称がついたとってもユニークなお寺。
事前に電話で予約をしていたので、40分ほどのツアーに参加しました。
(※ツアーに参加するには必ず予約が必要でした。)
賽銭箱が床に埋めてあったり(敵が進入してきたら落ちるための落とし穴として)、
ふすまを開くと上に通じる階段があったり・・・10数個以上のカラクリはどれも斬新で、
たくさん驚かされました!

寺院の後は、金沢市内で唯一の九谷焼きの窯元
『九谷光仙窯(くたにこうせんがま)』へ。
ちょうど作業をしていたので、見学をさせてももらえました。
案内して下さったのは次期5代目にあたる方。まだ若いながらも九谷焼の伝統を
受け継ぐ意気込みや思いなどを聞かせていただき、貴重な時間を過ごせました。

その後、街の東側『ひがし茶屋街』へ。飛騨の高山に少し似た雰囲気もある茶屋街は
ちょうど夕方でライトアップされ、昔の面影を味わうことが出来ました。
c0084506_161836100.jpg


翌日は、今回の旅行の一番の目的、『兼六園』へ。
c0084506_16242952.jpg


日本三名園の一つである『兼六園』は聞いていた以上にとても広大で優雅。
数箇所ある池には風情ある茶室や灯篭など、何を見ても素晴らしかったです。
30℃を越すお天気だったのでとても暑かったけど、
そのお陰で日の光が緑に反射してとても綺麗に見えた感じでした。

c0084506_16374361.jpg


まだ見たい場所はたくさんあったのですが、(21世紀美術館とか行きたかった・・・)
気が付けばもう帰りの電車の時間!お土産も買わなきゃ~!と急いで駅まで行き、
買い物を済ませて、しらさぎ10号に乗り、米原まで。
米原からは『18きっぷ』を利用して、静岡まで。帰りは7時間近くかかりました。

金沢は百万石の古き良き時代を感じる事もできるし、現代のモダンな雰囲気も味わえる
とても奥が深い場所で、また是非訪れてみたい場所のひとつとなりました。

次回の『18きっぷ』は冬のお正月。水戸の『偕楽園』、金沢の『兼六園』と三大名園の
二つを制覇したので、残す岡山の『後楽園』に挑戦する予定です!
その際はまた旅のご報告できたらと思います。^^


                        ★おまけ★

帰りの駅弁『金沢牛弁当』。牛に目が無い私達。
有名な『北陸かにめし』を尻目に購入。美味しかった~!!

c0084506_171319.jpg

[PR]
by geluk | 2006-09-04 17:06 | 旅行